Iphoneレンタルが高齢化社会を救う

日本は全国で見てもスマートフォンの普及率が悪いです。
その大きな理由は高齢化社会においてのお年寄りによるガラケーの執着にあります。
以前からパソコンを使われていたことのあるお年寄りは自らスマートフォンに切り替えされておりますが、そうでない高齢者です。
そもそも、日本はパソコンの普及自体が遅れていましたので、そのスタートから通信機器に関しての遅れは始まっています。
それらを解消する、言わばスマートフォンのリハビリのような感覚で、Iphoneレンタルサービスが一躍してくれるのではないかと言われています。
まずはキャリアショップより、Iphoneというものは一体どういった機器なのか説明する必要はありますが、結局は使う人次第で、自身で意欲を持って知っていかなければIphoneレンタルサービスを役立てたいと思っても、なかなかそこにまで辿り着ける段階ではないのが、現状です。
日本は通信に、関しての大きく遅れをとっています。
スマートフォンへの切り替えもまたかなり時間がかかりそうです。